読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世阿弥の言葉

能の天才の世阿弥の言葉が印象的です。
(離見の見)と言う言葉があります。役者が舞台にたつときに、はたして自分が観客の目にどう映っているかわからない。自分が美しくふるまっているつもりでも、観客の目には無様に映っているかもしれない。
そこで世阿弥は自分の姿を観客の目を通して、たえず客観的に見なさい、それができる人が名人だと言ったんだ。

観客の目を通して客観的に見なさいというのが、ミソですね。自分だけで客観的に見てるつもりでも、人にそう見えてなかったら意味がない。人の目にどう映るか考える技術ですね。